最近のジーンズの傾向と方向性について

こんにちは。
群馬県でジーンズのお直し屋を運営しています、
GAMUSHARA店長の竹澤です!
かなり久しぶりのブログの更新です(汗)

お陰様で、毎日非常に多くのご依頼やお問い合わせをいただいており、
それらの対応で、一日が終わってしまうような状態です。

今回、現在のジーンズについて、書きたいと思います。

最近、ジーンズの人気が復活し、
リペア、裾上げアタリ出し加工共にご依頼が非常に多くなっております。

特に、女性のお客様からのご依頼が多くなっており、ストレッチがかなり強く、
『これは、ジーンズなのか』…と思わせるほどの伸び伸び具合いで、
驚かされる毎日です(笑)

一時期、ジーンズの人気は低迷し、ジーンズ業界がかなり危ない時期がありました。

各ブランドさんが試行錯誤した結果、
『履き心地を重視する』という結論に至ったのかと思われます。

スーパーストレッチを始め、ディーゼルのジョグジーンズのように
スウェット素材を用いたジーンズまで登場しております。
※現在では各ブランドからスウェット素材のジーンズが発売されております

やはり、ジーンズ特有のゴワゴワ感から少しでもイメージを変えたいという部分が見受けられ、
デザイン面も見直され、結果、ジーンズの人気が戻った形になったわけです。

この方向転換は、コアなジーンズユーザー目線で考えますと、
少しあり得ない話ではありますが、やはりブランドとしても残っていく必要がありますので、
やむを得ない選択だったと思います。

現在では、ヘビーオンスのジーンズまで作っている『とあるブランド』までも
スウェット素材のジーンズを展開し初めているくらい、その波は大きいものがあります。

先日も、25ozか24ozか忘れてしまいましたが、かなりヘビーオンスで、
スウェット素材のジーンズの裾上げのご依頼をいただきました。

ここまで分厚いと、ちょっと、厳しい部分はありますが、もちろん、
しっかり仕上げさせていただいております(笑)

綿100%のジーンズももちろん、同時に展開されており、
デザイン面で洗練され、シルエットも昔に比べるとかなり綺麗になりました。

今年の春夏は、ヒザに大きめのダメージを空けてあるデザインのジーンズが
非常に流行したためか、リペアのご依頼も非常に増えました(笑)

デザイン、履き心地、シルエットを総合的に高めているブランドは、
今のところ、やはりインポート系のブランドになるかと思われ、
日本ブランドは、少し遅れている感じが否めませんが、
今後、展開されていくのではないかと思われます。

時代の流れと共に、変化はつきものです。

変化を恐れていると、その先に待っているものは衰退しかありません。

『コアなジーンズも残しつつ、履き心地の良いジーンズも作っていく』

難しい舵取りかもしれませんが、今後の各ブランドの飛躍を期待したいです。

余談ですが、私、GAMUSHARA店長の竹澤は、
どちらのジーンズも履きますよ(笑)