RE / DONE(リダン)について

今回は、リダンについて書かせていただこうと思います。


最近、流行の兆しをみせているリダン。


リーバイスが唯一認めたカスタムジーンズ、
それがRE/DONE(リダン)です。


最近、リダンのリペアご依頼件数が非常に増えております。


ご依頼をいただいた際、お見積りを行うにあたり、
お直しご希望箇所を拝見していると、
お直しご希望箇所以外にも生地の傷み等が
見受けられるケースがございます。


新品のジーンズでしたら、こういったことはまずございませんが、
リダンは、履き込まれたジーンズを
加工して再販しているものとなりますので、
前ユーザー様の履きこみによる傷みが、
そのまま残っているものがほとんどです。


股部分が擦れていたり、ヒザが擦れていたり、
バックポケット、お尻など、
至る所に擦れや穴があるものがございます。


リダン自体では、生地の傷み部分のリペアは行っていないのか、
大きな穴になっていなければ、問題なしとしているのかは、
定かではありませんが、
生地が傷んでいる状態のままサイズ直しなどが施されており、
補強もされていないものが多く出回っています。


『購入間もないのに、他の箇所が傷んでいるわけがない』


こういうお気持ちになられるのは、ごもっともです。


ですが、上段でご説明させていただきました通り、
リダンのジーンズは、ビンテージの復刻モデルや、
80年代頃のジーンズなど、
色々なリーバイスの古着を、現代風のシルエットにサイズを直し、
加工を施して再販しているものとなります。


確かに、同じものは2本とない、唯一無二のジーズかと思いますが、
一番の問題点は、生地自体が激しく傷んでいるものもあるという点になります。

リダンの流行と共に、裾上げ、リペア両ご依頼を多くいただくようになりましたが、
同時に、ジーンズの状態に問題があるケースが非常に多いのが、現状となります。


今回の記事は、リダンのジーンズをご依頼いただくお客様に
お見せするために書かせていただいたものとなります。


ユーズド加工ジーンズとリダンのジーンズは大きく異なります。


それは、ユーズド加工ジーンズは、
新品の状態にあえてダメージを付け、色を落とし仕上げたものとなり、
リダンのジーンズは、古着のジーンズに
サイズ直しを施し仕上げているものとなる点になります。


中には、新品のものから加工を行っているものもあるかもしれませんが、
私の知り得る限り、大多数が古着のジーンズがベースです。


古着には、相応の生地の傷みがございます。


今まで着用されてきた方々の生きた証が
刻まれている唯一無二のジーンズとなります。


形を変え、現代に蘇り、
また着用してもらえるジーンズ達は、幸せだと思います。


ですが、それを所有されるオーナー様、
どうか生きた証が刻まれている重いジーンズだということだけ、
ご理解をいただきたい・・・


たかが、ジーンズのお直し屋の私ではありますが、
こちらの点だけは、強くお伝えしたく思い、
この記事を書かせていただきました。


乱文、そして表現の足らない部分等あるかとも思いますが、
ご共感いただけますと幸いです。

最近のジーンズの傾向と方向性について

こんにちは。
群馬県でジーンズのお直し屋を運営しています、
GAMUSHARA店長の竹澤です!
かなり久しぶりのブログの更新です(汗)

お陰様で、毎日非常に多くのご依頼やお問い合わせをいただいており、
それらの対応で、一日が終わってしまうような状態です。

今回、現在のジーンズについて、書きたいと思います。

最近、ジーンズの人気が復活し、
リペア、裾上げアタリ出し加工共にご依頼が非常に多くなっております。

特に、女性のお客様からのご依頼が多くなっており、ストレッチがかなり強く、
『これは、ジーンズなのか』…と思わせるほどの伸び伸び具合いで、
驚かされる毎日です(笑)

一時期、ジーンズの人気は低迷し、ジーンズ業界がかなり危ない時期がありました。

各ブランドさんが試行錯誤した結果、
『履き心地を重視する』という結論に至ったのかと思われます。

スーパーストレッチを始め、ディーゼルのジョグジーンズのように
スウェット素材を用いたジーンズまで登場しております。
※現在では各ブランドからスウェット素材のジーンズが発売されております

やはり、ジーンズ特有のゴワゴワ感から少しでもイメージを変えたいという部分が見受けられ、
デザイン面も見直され、結果、ジーンズの人気が戻った形になったわけです。

この方向転換は、コアなジーンズユーザー目線で考えますと、
少しあり得ない話ではありますが、やはりブランドとしても残っていく必要がありますので、
やむを得ない選択だったと思います。

現在では、ヘビーオンスのジーンズまで作っている『とあるブランド』までも
スウェット素材のジーンズを展開し初めているくらい、その波は大きいものがあります。

先日も、25ozか24ozか忘れてしまいましたが、かなりヘビーオンスで、
スウェット素材のジーンズの裾上げのご依頼をいただきました。

ここまで分厚いと、ちょっと、厳しい部分はありますが、もちろん、
しっかり仕上げさせていただいております(笑)

綿100%のジーンズももちろん、同時に展開されており、
デザイン面で洗練され、シルエットも昔に比べるとかなり綺麗になりました。

今年の春夏は、ヒザに大きめのダメージを空けてあるデザインのジーンズが
非常に流行したためか、リペアのご依頼も非常に増えました(笑)

デザイン、履き心地、シルエットを総合的に高めているブランドは、
今のところ、やはりインポート系のブランドになるかと思われ、
日本ブランドは、少し遅れている感じが否めませんが、
今後、展開されていくのではないかと思われます。

時代の流れと共に、変化はつきものです。

変化を恐れていると、その先に待っているものは衰退しかありません。

『コアなジーンズも残しつつ、履き心地の良いジーンズも作っていく』

難しい舵取りかもしれませんが、今後の各ブランドの飛躍を期待したいです。

余談ですが、私、GAMUSHARA店長の竹澤は、
どちらのジーンズも履きますよ(笑)

ご依頼過多のためのご注意点とお詫び

こんにちは。


群馬県でジーンズのお直し屋を運営しています、
GAMUSHARA店長の竹澤です!


ここ数年にわたり、ご依頼が日を追う事に
増えてきていることを実感しております。


私の仕事は、お客様からお預かりしましたジーンズをお直し、
または加工してお返しすること。


そして、メールやお電話での対応があり、
こちらも毎日たくさんのお問い合わせをいただいております。


メールやお電話での対応を従業員に任せた方が良い…
というお声をよくいただきます。


ですが、お客様のお問い合わせに対し、
自分自身で対応させていただきたく、
考えており、今現在でもそのスタイルを貫いております。


当店は、企業ではありませんし、何より技術職ですので、
お客様のお悩みに対し、しっかりと回答させていただくことが
大切と考えているからです。


ただ、現状のご依頼件数とお問い合わせ件数から、
作業の進捗状況等を踏まえお電話での対応を
自粛させていただく日を不定期で設けさせていただいております。
※お電話をお掛けいただきますと、その旨のメッセージが流れるようになっております


メールでのご連絡につきましては、
基本24時間以内での対応を心がけてございます。


また、ご来店のお客様につきましては、
事前のご予約制とさせていただいており、飛び込みでのご来店は、
対応させていただくことを控えさせていただいております。


最近では、近県のみならず東京都の方はもとより、
神奈川県や新潟県、静岡県や愛知県といった遠方からも
足をお運びいただくお客様も増えてまいりました。


嬉しさと同時に、責任を強く感じております。


ですが、遠方のお客様も同様にご予約が必須となりますので、
その点につきましては、十二分にお気をつけください。


また、当店では、ブログと実績の紹介ページを設けております。


現在では、あまりの忙しさから、
休日もほとんど取ることが出来ない状態のため、
ブログと実績の更新は滞りがちとなっております。


本来、このような状態では、お店として良くないことは
百も承知なのですが、現在お預かりしておりますお客様の
デニムを少しでも早くお返しすることに
今現在は集中させていただきたく考えております。


いずれ、毎日のように更新が行えるよう、体制を整え、
皆様に楽しい情報をご提供出来るようにしていきたいと思っております。


今年もあと2ヶ月を切りました。


GAMUSHARAも、気合いを入れ直し、
皆様のジーンズのお直しをガムシャラに進めて参りますので、
今後とも、GAMUSHARAをよろしくお願いいたします。