バーバリー ブラックレーベルのジーンズリペア

こんにちは。

群馬県でジーンズのお直し屋を運営しています、
GAMUSHARA店長の竹澤です!


今回の記事は、バーバリーブラックレーベルから
販売されているストレッチジーンズの右ヒザの大ダメージです。


プチ情報ですが、どうやらバーバリーは、2015年の春夏もので、
日本での販売を打ち切るようです。


バーバリーは、好きな方はとても好きなブランドで、
その中でもブラックレーベルは、リペアのご依頼も非常に多いジーンズです。


それだけ愛用者の多いブランドが撤退(正確には販売元と契約を延長しないらしい)
してしまうのは、残念ですね。


軽井沢のアウトレットにもバーバリーは入っているので、ここも閉めてしまうのでしょうか・・・


確か、アウトレットに『お一人での、大量購入はご遠慮いただいております』
・・・的なことが書かれていたので、アウトレットで安く買って、
ネット等に流す輩が多かったのかなぁ・・・


いずれにしても、今回の撤退は、ブランドイメージ
との関係もありそうですね。


バーバリーを愛してやまない方々、ご安心を!


ネットでしたら、個人輸入のお店さん等で継続的に購入可能かと思います!!


ただ、ニセモノには注意です。


話が反れてしまいましたので、
一気にお仕事実績のお話に軌道修正いたします(笑)


この部分を、普通リペアで仕上げました。
ヒザ部分の大きなダメージのリペア前

ダメージが育った流れとしては、こうでしょう。
***********************************************************
元々軽く擦れている程度のダメージ加工

愛用している内に、擦れ程度だった加工が広がりダメージに成長

気をつけて着用していたが、ついに足をダメージに引っ掛けてしまった

ビリッ!!

下のダメージと繋がり、現状の完成
***********************************************************

こういった破れ方は、非常に多いです。


どうしても気をつけていても、
ダメージに足を引っ掛けてしまうことってありますよね(泣)


でも、大丈夫!


ちゃんとリペアいたします!
ヒザ部分の大きなダメージのリペア後

元々ストレッチということもあり、
これだけ大ダメージになってしまうと生地がかなり伸びてしまいます。


この伸びは、リペア作業の天敵で、
うまーく散らさないと歪みとしてジーンズに残ってしまうのです。


今回、とても意識してリペアを行いました。


端っこに気持ち歪みが出てしまっておりますが、
このくらいでしたら、見た目的に支障をきたすことはないでしょう。


お客様にもご満足いただけました☆


ストレッチ素材のリペアは、大変です(笑)


ホームページで多数リペアサンプルを掲載しています。

よかったら、見てやってください☆

ジーンズの転んで出来た穴を目立たなく修理!!

こんにちは。

群馬県でジーンズのお直し屋を運営しています、
GAMUSHARA店長の竹澤です!


今回の記事は、右ヒザ横のダメージの完璧リペアです。


オーナー様曰く、転んでしまった・・・とのことです。。。


濃紺色で、まだ購入してから時間が経っていないとのことで、
絶望されておりました(涙)


まず、状態をご覧ください。
ヒザ横のダメージ修理前

ダメージの周囲に擦れてヒゲが出来てます。


これは、ハードに転んだときに出来る現象です。


経年変化によって起こるヒゲが、一瞬で出来てしまうのです。


自然に出来てきたらカッコいいのに・・・


一番負荷のかかった部分が破れて穴になってしまいました。


『痛い痛い』とジーンズが涙を流しているように見えてきます。。。


大丈夫!!


GAMUSHARAマジックで、バッチリお直ししちゃいます!!


仕上がりです。
ヒザ横のダメージ修理後

アウトシーム部分を分解して、リペアを行いました。


どうです?


もちろん、画像加工等、一切なしです(笑)


その証拠に、ドアップ画像!!!
ヒザ横のダメージ修理後アップ画像

さすがにここまでアップにすると少し分かってしまいますね。


オーナー様にも非常に喜んでいただきました☆


『えっ!?』『んっ??』・・・『あぁぁっ!!』
というような感じでした!



職人として、これほど職人冥利に尽きる喜びを感じる
リアクションはありません(笑)


タバコの火種、転倒、バッテリー液での溶解・・・
こういったどうしようもない事態でも出来る限り対応します!


ホームページで多数リペアサンプルを掲載しています。

よかったら、見てやってください☆

ジーンズのボタンホールのリペア

こんにちは。

群馬県でジーンズのお直し屋を運営しています、
GAMUSHARA店長の竹澤です!


今回の記事は、ボタンホールのリペアです。


ボタンは、どうしても外す頻度が高いので、傷みやすい箇所ですよね。


特にトップホールは、一番脱着が多い箇所なので
傷みやすいです。




比較的ステッチがしっかりしているので、
案外解れてくるようなことはないのですが、一度解れ始めてしまうと早いので、
早めに直しておくことがベスト!


リペア前はこのような状態。
ボタンホールの修理前

ホールの周囲が丸々なくなってしまっている状態です。


比較的軽度に見えるのですが、
実は、こういった傷み方が一番厄介!!


非常にリペアが難しいのです!


それにしても、ボタンホールのステッチって、
ほんと程度なステッチ量ですよね。


しかし、お直しを行う立場として、あまり少量のステッチだと、少々不安です(汗)


だって、解れるまで着用していたわけなので・・・
やはり、ここは強度を重視して仕上げます!


もちろん、


『固過ぎてボタンが抜けなくなった!!』


ということはありませんのでご安心を(笑)


そんなわけで、リペア後の状態。
ボタンホールの修理後

このような感じで仕上げました!

オリジナルよりステッチ量が多いのが
分かるかと思います。


もちろん、破れていた生地部分もしっかり補強します。


しかも美しく!!


これだけしっかりリペアを行えば、当分は大丈夫でしょう♪

ホームページで多数リペアサンプルを掲載しています。

よかったら、見てやってください☆