ジーパンのポケットスレーキ部分をリペア!

こんにちは。

群馬県でジーンズのお直し屋を運営しています、
GAMUSHARA店長の竹澤です!


今回の記事は、フロントポケットのスレーキの穴部分を塞いだリペアです。


状態はこのような感じです。

ポケットスレーキのダメージ

状態的には、圧倒的に破れているわけではありませんが、
ジッポといった類のものを入れると、まるで手品のようにポケットから、
消えてなくなることでしょう(汗)


ポケットにモノを入れる癖のある人は、特に注意が必要です。


意外と穴になっていることって気づかないですよ!!


ボクも昔、車の鍵を手品のように無くしたことがあるので!


キーホルダーがついていたのに・・・
未だに落ちたことに気づかなかった自分が信じられません!!



・・・という具合にならないよう、皆さん、気をつけてくださいね(笑)



本題に戻りますが、スレーキは結構穿いているときにゴワゴワ感
気になってしまう人が多い部分ですので、やり過ぎないように注意してリペアを行います。


どこの箇所でも同じですが、リペアをして、
見た目はしっかり埋まっているように見えても、
履き心地を極端に崩してしまったら、意味がありません。


そのリペアによって、生地に負荷を与えて次の破れを誘発してしまう・・・
ということも多いですので。


GAMUSHARA的には、そういったリペアは、ちょっとNGなので、
強度、見た目、履き心地でちょうど良いラインを狙ってリペアを行います!



結構ストイックでしょう?



おっと、スレーキから話が反れてしまいました(汗)


仕上がりはこのような感じです。
ポケットスレーキのリペア後

あまりステッチが入っていないように見えますが、
生地を2枚重ねてあるので、強度は問題ありません。


重要なのは、広めにリペアを行うことです!


穴のみでなく、必ず周囲の生地にも傷みがあります。


なので、予防の意味も込めて、広めのリペアで完璧です。



ジーパンのスレーキは比較的リペアしやすいですが、狭いので、
ミシンがどうしても入りません。


なので、一度ステッチを解いてリペアを行い、元に戻す形になります。


ホームページで多数リペアサンプルを掲載しています。

よかったら、見てやってください☆
1 4 5 6 7 8 9