一覧へ戻る > 裾上げアタリ出し加工

トゥルーレリジョンの丈詰めアタリ出し加工

but_before
トゥルーレリジョン裾上げアタリ出し加工前
裾上げとカンヌキを施した状態です。

この状態から、アタリ出し加工に入ります!!


トゥルーレリジョン裾上げアタリ出し加工後

トゥルーレリジョンの中でも少し特殊なデザインです。

本来ですと、カンヌキと呼ばれるガジガジ縫いは、片足に一箇所なのですが、
こちらのジーンズは、2箇所施されています。

通常ジーンズは、前側の生地と後側の生地の二枚は縫い合わせて作られています。

しかし、こちらのトゥルーレリジョンのジーンズは、前側の生地と後側の生地と内股の生地の3枚から
構成されたデザインとなっております。

3箇所の縫い合わせ部分がある中、縫い重ね部分にステッチが入っている部分は2箇所になり、
その部分にカンヌキが施されているというデザインです。

こういったジーンズのメリットは、内股の縫い合わせがダイレクトに身体に当たらなくなりますので、
ゴワ付きにくく、とても穿きやすいです。

ただ、トゥルーレリジョンは、デザインデニムとなりますので、デザイン性あっての機能性・・・

こういった順番になるかと思います(笑)

話がそれましたが、こういった特殊なデザインのものでも、しっかりと裾上げそしてアタリ出し加工を
施し仕上げます。

当店の場合、裾上げ自体もしっかり丁寧に行っていますので、アタリ出し加工後がとても綺麗に仕上がります。

アタリは、アタリ出し加工のみ行えれば良いわけでなく、美しい裾上げがあってこそのクオリティとなります。

そのジーンズにあったアタリ感というものがあり、裾上げの段階から、その状態を想定して、
縫い方を微妙に変えております。

中々裾上げされた状態から、察していただくのは難しいかと思いますが、裏にはGAMUSHARAクオリティが
隠されているのです(笑)

その一手間二手間があるからこそ、綺麗なアタリをお付けすることが出来るのです。

ただ、裾上げして、ただアタリを付ける・・・これでは、GAMUSHARAのポリシーに反しますので!
各コースのお見積もり
ご依頼方法のご案内
各コースのお見積もり・ご依頼方法はこちらから
リペア・修理  裾上げアタリ出し加工  サイズ直し


サービスのご案内