一覧へ戻る > 裾部分

デニムのロールアップ部分のダメージを普通リペア

but_before
裾上のダメージのリペア前


裾上のダメージのリペア後

こちらのダメージは、長い間ロールアップして着用していた部分が、
破れてしまった状態の普通リペアです。

ロールアップして着用していると、案外気づきにくいのですが、
靴や地面に折り返した底部分が常時擦れている状態となるため、
比較的傷みやすくなってしまいます。

裾部分は、3つ折りや4つ折りといったように、生地が分厚く
折られ、さらに解れないようにステッチを入れて縫製してあります。

そういった部分から傷みはしまずが、極端に破れやすくなってしまうという
ことは、基本的にありません。

しかし、ただ単に折り返しただけのロールアップ状態の場合、
薄い生地がむき出しで、しかも一枚のみという非常に弱い状態となります。

なので、あっという間に生地に傷みが生じてしまい、どんどん破れていって
しまうのです。 しかも、怖いことに、折り返していると、いつの間にか折り癖がつき、
馴染んでしまうため、破れはじめていることに気付きません。

気付いたころには、ある程度傷みが進んでしまった・・・

という事態となりますので、お気を付けください。

しかも、さらに厄介なのは、この状態をリペアする場合、
裏側に当て生地をする必要があるため、リペア後にロールアップして
着用することが出来なくなってしまう点です。

単純に折り返したら、裏側に当て生地が施されているわけですから、
カッコ悪いですよね(汗)

リペア自体は問題なく行えますが、こういったデメリットがありますので、
ロールアップして着用する場合、十二分に気を付けてください!

着用の度、ロールアップ位置をズラしたりするのも延命の良い手段になりますよ!
各コースのお見積もり
ご依頼方法のご案内
各コースのお見積もり・ご依頼方法はこちらから
リペア・修理  裾上げアタリ出し加工  サイズ直し


サービスのご案内