一覧へ戻る > ヒザ・モモ完璧リペア

ライトオンスジーンズの素材上難しいヒザの完璧リペア

but_before





生地が薄く柔らかく、あまりリペアに適していない生地の状態でした。

生地が柔らかいものの場合、リペアを行うにあたり、とても注意が必要になります。

生地が柔らかいということは、元々の素材という部分もあれば、生地自体が薄いというライトオンスという
部分も絡んできます。

どちらも厄介ではあるのですが、特に生地が薄いものの場合は、要注意です。

こちらのジーンズもそうなのですが、生地が薄いと、リペアの際に入れる糸が、
生地に対してしっかりと食い込まなくなってしまいます。

単純に生地が薄いため、入れる糸が埋まり切らないで、表面に凹凸して残ってしまうわけです。

もちろん、これは、0.05ミリですとか、そういった世界のお話です。

ただ、この0.05ミリがクオリティの明暗をハッキリ分けます。

リペアは、糸を生地に対してたくさん入れていき、仕上げる方法になりますので、
簡単にいいますとジーンズに対しては異物になります。

ですので、出来るかぎり、異物感が出ないように処置していく必要があります。

ですが、薄い生地の場合、生地の薄さからどうしても生地に対して糸が埋まり切らず、
上記ご案内の通り、凹凸として残ってしまうのです。

この凹凸には、本当に微量ですが、影が出来てしまいます。

この影がリペアを立体的に見せてしまい、『リペア跡』として主張するように仕向けてしまうのです。

これが、ライトオンスデニムのリペアで起こってしまう悲劇です。

この悲劇は、どうしても起こってしまいますので、ステッチを入れ過ぎるのは禁物です!

俗に言う『落とし所』を見つけ、上手く落ち着かせます。

もう少しいけそうかな・・・

と思い頑張ってしまうと、取り返しがつかなくなるので、店長判断がカギになるケースです!

P.S
正確に0.05ミリと測ったわけではなく、分かりやすいように切りの良い数字を使っております(笑)

インスタ
実績はInstagramでも公開しています。

各コースのお見積もり
ご依頼方法のご案内
各コースのお見積もり・ご依頼方法はこちらから
リペア・修理  裾上げアタリ出し加工  サイズ直し


サービスのご案内