一覧へ戻る > 裾部分

裾上のダメージ加工をリペア

but_before





裾上に施されたダメージ加工です。
こういった場合、ご要望があれば、ダメージ残しリペアが可能です!

オリジナル感を壊すことなく修理が出来るので、
こういった加工のジーンズには良いかと思いますが、
画像の通りダメージ部分は補強されていないため、
強度は通常のリペアより全然ありませんのでお気をつけください。
各コースのお見積もり
ご依頼方法のご案内
各コースのお見積もり・ご依頼方法はこちらから
リペア・修理  裾上げアタリ出し加工  サイズ直し


サービスのご案内