一覧へ戻る > 裾部分

左右で傷み具合が異なる裾のリペア

but_before





左右で傷み具合の異なる状態でした。
右裾の方が左裾よりダメージが目立たないのは、
裾に入っているステッチよりダメージが下だったためです。

ステッチの入っているラインより上にダメージがきてしまうと、
左裾のように見た目でリペアしたことが分かるくらいの仕上がりになってしまいます。
各コースのお見積もり
ご依頼方法のご案内
各コースのお見積もり・ご依頼方法はこちらから
リペア・修理  裾上げアタリ出し加工  サイズ直し


サービスのご案内