一覧へ戻る > ヒザ・モモ普通リペア

ジーンズの腿の普通リペア~細かいダメージの連鎖

but_before





かなり細かいダメージが、繋がってしまっている状態です。

実は元々他店さんでのリペアが施されており、当て生地に接着剤が
付けられ、ジーンズに貼り付けられておりました。

リペアのやり直しを行う際、この当て生地もすべて取り除くのですが、
実は、接着剤で貼り付けられていると、

『まぁー剥がれない!!』

しかも、リペアされていただけあって、生地自体の状態もとてもボロボロで、
当て生地を剥がすときに、一緒に生地を持っていかれてしまうのです。

事前にお客様には、当て生地を剥がす際に、破れが大きくなってしまう恐れがある旨を
しっかりお伝えし、ご理解をいただいた上でお受けしておりますので、
問題はないのですが、あっという間にダメージの大きさが増してしまい、
かなり困りました(汗)

さらに困ってしまうのが、一度リペアされてしまった生地は、
とても変な形で生地が伸び、歪みが生じてしまうため、
当店でリペアをやり直ししても、生地の歪みを完全に解消することは
難しくなってしまいます。

基本的に、当て生地に厚みのある生地を使用しているお店さんは、
クオリティ面をそれほど気にされていらっしゃらないお店さんです。

この方法の方が良いというケースもあるかと思いますので、一概に言い切れないのですが、
ジーンズに対しては、残念ながらあまり良くない方法です。

一度リペアによって歪んでしまった生地は、そう簡単に元に戻すことは出来ません。

そのリペアが施されている期間が長ければ長いほど歪みは強く残ってしまいます。

残念ながら、GAMUSHARAでも、元々のリペアの歪みを取り切ることが出来ませんでした。

外側の縫い合わせ(アウトシーム)部分をご覧いただきますと、
ラインが真っ直ぐでなく歪んでいるのが分かるかと思います。

歪みをまったく気にしないお店もあるので、拘りの強い方は注意が必要です。
各コースのお見積もり
ご依頼方法のご案内
各コースのお見積もり・ご依頼方法はこちらから
リペア・修理  裾上げアタリ出し加工  サイズ直し


サービスのご案内