一覧へ戻る > ポケット完璧リペア

濃色ジーンズのバックポケット口に出来たダメージを完璧リペアで修理

but_before
濃色ジーンズのバックポケット口に出来たダメージ


濃色ジーンズのバックポケット口に出来たダメージ

バックポケット縁部分から裂けてしまったダメージです。

バックポケットは、お財布を入れるケースが多いようで、
負担がかかりやすい箇所となります。

この縁部分の傷みまで意識が行き届く方は少なく、
破れてから気づくことがほとんどです。

リペア自体もこの箇所は非常に手間がかかり、
一度バックポケットを取り外す必要があります。

バックポケットを取り外さず、リペアを行えないこともないのですが、
強度上、しっかり補強する必要があるため、基本的には外してリペアを行います。

完璧リペアの場合、ポケットの取り外しは必須となります。

これは完全に見た目の問題ですね(笑)

今回のケースですが、縁部分に小穴が出来、
何かに引っかかって一気に裂けてしまったのかと思われます。

ストレッチが非常に強く薄手のジーンズの場合、
ポケットが取り付けられているだけて負荷になってしまい、
ポケットの境目から裂けてしまうケースは非常に多くあります。

生地がしっかりしているジーンズの場合、そう簡単には破れないのですが、
傷んでいる部分から何かの拍子に…ということはよくあります。

なのでストレッチのジーンズであっても、
綿100%のジーンズであっても、
この部分は注意した方が良い箇所ですね!

リペア後また同じようにならないように、
しっかりとした強度で、可能な限り目立たなくするリペア、
且つ着用感を崩さないリペア。

それが、今回のジーンズに対して、
当店、GAMUSHARAの施したリペアとなります。

濃色のジーンズの場合、どうしてもリペア跡が主張しやすくなってしまうので、
少し控えめのステッチ量で仕上げるケースが多いのですが、
今回の箇所は負荷が強くかかる部分だったため、
かなりギリギリラインまで補強を加えて仕上げさせていただきました。

少しリペア跡が主張してしまった感があるのですが、
着用時にはほぼ分からないかと思います。

もちろん、強度も申し分ありません!

リペアは、ガッチリ施せば良いというわけではありません。

その場所にあったリペア方法を選ぶことが非常に重要となります。

当方、プロですので、そういった部分も是非ご相談ください。
各コースのお見積もり
ご依頼方法のご案内
各コースのお見積もり・ご依頼方法はこちらから
リペア・修理  裾上げアタリ出し加工  サイズ直し


サービスのご案内