Gジャンの襟リペアをステッチ分解なしで行う場合。

今回はGジャンの襟部分のリペアについてです。


Gジャンの襟のリペアは、どうしても一度襟部分のステッチを
分解して仕上げる必要があります。


これは、襟自体が折り畳まれるように2枚重ねになっているためとなり、
襟部分のステッチを解いてリペアを行わないと、
2枚のデニム生地を重ねてリペアする必要が生じてしまうからです。


デニム生地2枚重ねでリペアを行ってしまうと、
結構な厚さとなってしまうため、そういった部分から分解が必要となります。


ただ、やはりヴィンテージの場合、
オリジナルのステッチを活かすか活かさないかは、かなり大問題ですよね。


そういった場合、襟を分解しないでリペアを行うことも可能です。


あくまでオリジナルのステッチを解きたくない場合のみの苦肉の策となりますので、
オススメ出来るか出来ないかで考えますと、オススメ出来ません(笑)


また、襟部分を分解しないでリペアを行うということは、
表側の色と裏側の色のそれぞれにリペアに使用する糸を合わせる必要が生じます。


これは、大変な問題です。普通のリペア業者さんでは、
そこまで手間をかけてリペアは行わないでしょう。


ただ、GAMUSHARAは違います。


裏表しっかり合う色の糸を選び、リペアいたします。


以下、リペア後の画像です。
Gジャン襟リペア1 Gジャン襟リペア2
この通り、入っている糸はほとんど分からないと思います。


もう1点。


GAMUSHARA的視点では、
リペアは、正面から見て色を合わせるだけでは、まだまだ配慮が足りません。


以下のように角度を変えてみても極力目立たない色の糸をチョイスいたします。
Gジャン襟リペア3 Gジャン襟リペア4

画像からでは、糸が入っていることがほとんど分からないと思います。


肉眼でも同様です☆


これがとても難しく、微妙な色の違いに気づける『目』が必要です。


幸いにも、私GAMUSHARA店長竹澤は、この目を持っております。


両親に感謝ですね♪


このように色を識別でき、使用する糸を選別することが出来るからこそ、
襟を分解しないでリペアを行うことを見た目的な部分で可能としております。


ダメージがハードな場合、対応不可能ですので、お気をつけください!

バルマンジーンズのお尻部分の破れを修理

こんにちは。


群馬県でジーンズのお直し屋を運営しています、
GAMUSHARA店長の竹澤です!


毎日、たくさんのご依頼をいただき、本当にありがとうございます。


ひじょ——-に久しぶりに、リペアの記事を書かせていただきます!


ブログ自体、月に1回ほどしか更新していない怠け者っぷりです(汗)


本当に申し訳ございません。


現在もご依頼が非常に多く、日々忙しく作業を行なっております。


メール対応が、深夜になってしまったお客様、本当に申し訳ございません。


頂きましたメールは、当店に届いていて、メールアドレスに誤りが無い限り、120%、24時間以内で返信させていただきます!!


さて、本題です。


今回のリペアは、このジーンズです。
お尻部分のダメージ完璧リペア前

分かる方には、お分かりになるかと思いますが、ハイブランドで知られるバルマンのジーンズです。


バルマンのジーンズは、デザインがとにかく特殊の一言。


また、生地もゴムのように伸び、さらにお色がとても複雑となり、
リペアを受け付けないお直し屋さんもとても多いです。


GAMUSHARAでは、もちろんお受けいたします。


ですが、ジーンズの性質上、リペアのクオリティは間違いなく低下してしまうので、
あまりリペアをオススメ出来ないブランドであることは確かです。


今回のご依頼は、当店の常連のお客様からのご依頼でしたので、
何とか頑張らせていただきました。


仕上がりは、こちらです。
お尻部分のダメージ完璧リペア後

完璧リペア仕上げです。


GAMUSHARA店長の竹澤自身、想定していたよりクオリティが高い仕上がりになったことにビックリしました(汗)


本来でしたら、もっと目立たなくしていきたいところなのですが、そこは経験からこれ以上やると、
逆効果になってしまうと察したためここまでといたしました。


バルマンのストレッチは、過剰に伸び、厚みもあるため、一見生地が強く思われがちです。


しかし、それは誤った認識となり、こういった生地は、案外脆いです。


生地の性質を理解しないでリペアを施すと、後々大変なことになってしまいますので、
GAMUSHARAでは、お色、素材、厚さ等々を加味してリペア具合を調整しております。


最後に、当店のリペアは、画像処理等を一切行なっていない証拠をお見せします。
お尻部分のダメージ完璧リペアアップ画像

これだけアップで掲載すれば、画像処理していれば、分かる人には分かってしまうと思います。


どうでしょうか?


画像処理してあるように見えますでしょうか??


GAMUSHARAでは、画像処理といった卑劣極まりない手法は一切使いませんので。


これからも、時間を見つけてブログアップしていきます(汗)

バーバリー ブラックレーベルのジーンズリペア

こんにちは。

群馬県でジーンズのお直し屋を運営しています、
GAMUSHARA店長の竹澤です!


今回の記事は、バーバリーブラックレーベルから
販売されているストレッチジーンズの右ヒザの大ダメージです。


プチ情報ですが、どうやらバーバリーは、2015年の春夏もので、
日本での販売を打ち切るようです。


バーバリーは、好きな方はとても好きなブランドで、
その中でもブラックレーベルは、リペアのご依頼も非常に多いジーンズです。


それだけ愛用者の多いブランドが撤退(正確には販売元と契約を延長しないらしい)
してしまうのは、残念ですね。


軽井沢のアウトレットにもバーバリーは入っているので、ここも閉めてしまうのでしょうか・・・


確か、アウトレットに『お一人での、大量購入はご遠慮いただいております』
・・・的なことが書かれていたので、アウトレットで安く買って、
ネット等に流す輩が多かったのかなぁ・・・


いずれにしても、今回の撤退は、ブランドイメージ
との関係もありそうですね。


バーバリーを愛してやまない方々、ご安心を!


ネットでしたら、個人輸入のお店さん等で継続的に購入可能かと思います!!


ただ、ニセモノには注意です。


話が反れてしまいましたので、
一気にお仕事実績のお話に軌道修正いたします(笑)


この部分を、普通リペアで仕上げました。
ヒザ部分の大きなダメージのリペア前

ダメージが育った流れとしては、こうでしょう。
***********************************************************
元々軽く擦れている程度のダメージ加工

愛用している内に、擦れ程度だった加工が広がりダメージに成長

気をつけて着用していたが、ついに足をダメージに引っ掛けてしまった

ビリッ!!

下のダメージと繋がり、現状の完成
***********************************************************

こういった破れ方は、非常に多いです。


どうしても気をつけていても、
ダメージに足を引っ掛けてしまうことってありますよね(泣)


でも、大丈夫!


ちゃんとリペアいたします!
ヒザ部分の大きなダメージのリペア後

元々ストレッチということもあり、
これだけ大ダメージになってしまうと生地がかなり伸びてしまいます。


この伸びは、リペア作業の天敵で、
うまーく散らさないと歪みとしてジーンズに残ってしまうのです。


今回、とても意識してリペアを行いました。


端っこに気持ち歪みが出てしまっておりますが、
このくらいでしたら、見た目的に支障をきたすことはないでしょう。


お客様にもご満足いただけました☆


ストレッチ素材のリペアは、大変です(笑)


ホームページで多数リペアサンプルを掲載しています。

よかったら、見てやってください☆